奈良の食文化研究会
HOME > 「菩提元清酒祭」

正暦寺「菩提元清酒祭」

「晴天に恵まれた1月9日、奈良市南部の「日本清酒の発祥地」正暦寺において「菩提元(ぼだいもと)清酒祭」
が行われ、奈良の食文化研究会は会員(一部一般友人参加あり)21名の参加で「酒母(清酒のもと)」菩提元製造の様子を見学し説明を聞き、その後付近の農家レストラン「清澄の里・粟」で新年会を開催、和やかに交流しました。

当会では今年、郷土の食に関する現地見学や講習をほぼ隔月で企画する予定です。一般の方の参加も歓迎です。

正暦寺にて


「日本清酒発祥の地の碑」の前で記念撮影


清澄の里・粟の建物


食事、新年会風景


ヤギさんもデッキに上がってくる


色とりどりの珍しい野菜たちの鍋

レストラン粟にて


三浦社長、奥様もご一緒に「田の神様」を囲んで


中身の赤い大根、素麺かぼちゃ、宇宙芋、コンニャク芋、etc


各種野菜のあんかけ、大きな片平あかね、紫白菜、黒大根、etc


素麺かぼちゃ、隕石のような宇宙芋(味は山芋)、菊芋(外見しょうが、 中身一見ジャガイモ、食感レンコン)